自転車屋 永山サイクル  沖縄 自転車  

いらっしゃいませ。

あなたは番目の訪問者です

自転車販売 リペア カスタム

常時100台以上の展示一般シティサイクル~MTB ロードレーサー

各種パーツ用品まで
         

日本交通管理技術協会認定 自転車安全整備店

℡(098)945-6202

沖縄県与那原町3301の1

営業時間AM11:00~PM7:00  毎月最終土曜日定休日(レース活動の為、不定期日曜休みがあります。)

 *他店より購入した自転車の修理・パーツの組み付も行います!!
駐車場有り!!車で来店しても安心です。


お知らせ

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、永山サイクルは平成29年8月5日をもちまして閉店することとなりました。
地域の皆様に支えられて営業を続けてまいりましたが 諸般の事情により
閉店を余儀なくされましたことをお詫びいたしますとともに、これまでご愛顧賜りました皆様に心より感謝申し上げます。
甚だ略儀ではございますが、書中をもって閉店のご挨拶を申し上げます。

また、こちらでお預かりしている商品等があるお客様に関しましては下記の番号にご連絡をお願いいたします。

(TEL)090-5725-5543

謹白       
 平成29年8月



まことに申し訳ございませんが当店では基本メールでの対応をしておりません 。


                                    

 地図        店内の様子     商品紹介         大放出品     こんなことヤッテミマシタ

 
ママチャリなどの通常タイプの自転車のパンク修理(基本料金800円)  タイヤ交換 ブレーキワイヤー交換などの
軽い修理は、基本PM6時までに持ってきていただければ 当日修理できます。状況によっては時間がかかるものもあり、
預かりになるものもありますが、それでも結構修理早いですよ。
  注:高額スポーツバイクはギヤワイヤーの交換でもセッティングに時間がかかります
 (ワイヤーがフレーム内蔵の構造がさらに大変!!)、当日お渡しできない場合がほとんどです。

アラヤ 700C 32Hロード用リム AR-713入荷!!
 入荷してもすぐなくなりますし、組み立ても時間的に限界もありますので、あまりオーダーが
入っても困るのですが、とにかくお手頃価格 感動するほどの精度、、縦ぶりをあまりとる必要がなく
均等にスポークを張れるのでハブやスポークに負担も少なくよくできたリムです。
 ヨーロッパブランド信仰の方も多いと思いますが、そろそろ国産にも目を向けてみてはいかがでしょうか。
ブラックとシルバーが有り
リム単体価格
当店販売価格(税込):3.900円


 
自家用車ダホン折り畳みの改造!!
これ、ノーマルの時の写真
フロントシングルリヤ6段 フロントハンドルポスト激重スチール!!
ホール英式スタンダードリムとボルト止めハブ、、ついでにシートピラーも軽量化の為
すべて交換
まずは10速化!!
フロントディレーラーの台座の自作!!
(台座のそばの茶色いものはフレームをキズつかけない為のマスキングテープです。)
フロント 台座のペイント後 ディレーラーデュラエース7800取り付け。
フロント2段53-38T
ちょっと時間に余裕があったので!!
愛車のダホン折り畳みメトロ用に 20インチ前後ホイールをカラースポークで組んでみました。
予定ではリヤスプロケに10速組み込み快適仕様にする予定!!
こちらリヤホイール シマノR500用28Hハブを流用。
写真ではわかりにくいのですが ブルースポーク ワンポイントでホワイトスポーク
ニップルはアルミレッドニップルの組み合わせ
こちらは前輪スポークはブルー・レッド・ホワイトの組み合わせ
ハブはダホン用20Hハブをオーバーホール後シャフトはクイックへ変更
少しずつカスタムしていきたいと思います。
前後いっしょに撮影!!
ハンドル回りをスチールからアルミポストに軽量化
リヤスプロケをデュラエース7800 12-25T10速 
リヤディレーラーデュラエース7800 スピード出ます。小径ホイールには危険かも。
現在進行形!!

   

おかげ様で創業60年!!
 正確には おやじが分家後、60年ですが、ルーツは戦前(第2次世界大戦前)ですので
もう見当がつきません90年か100年か、今、大学生の息子が手伝ってます(三代目かな)。

写真は佐敷町(現在の南城市)での写真
 今は懐かしき ショーグンのアルミフレーム(レストア編)写真1
大学生の長男 4代目としての自転車組み立てトレーニング開始!!
新車を組み立てるより結構、難易度高いです。
 ショーグンのアルミフレーム(レストア編)写真2
フレーム全体サンドブラストによる塗装剥離 

 ショーグンのアルミフレーム(レストア編)写真3
 さらに磨きをかけてクリア塗装
ステッカー張りました
現在パーツ取り付け開始、3×9段の取り付け段々いい感じになってます。
もう少し形になったらUPします。
リヤ9段 フロント3段 写真4
だんだんいい感じに仕上がってきました。
ショーグンフレームの現在写真5
フロント フォークを軽量アルミへ変更メカニカルディスクへ ダイレクト感抜群
ちょと面白い乗り味!! メカニカルのディスクはやはり剛性感はいま一歩かな 油圧にしたいな!!




 息子用のクオータ
 プロファイルデザインのWOカーボンホイールリムハイト58㎜にテストバイク(試乗用)にセットUPしましたが、
息子もツールド沖縄のレースに参加しますので万が一のことを考えてツール・ド・沖縄後
の試乗してもらおうかと思っています。
私(おやじ)の乗った感想ですが、上り平地の加速ともにWOカーボンもここまで来たか!!(コストパフォーマンス)
驚きです。
*ツールドで(沖縄)長さ2センチ釘を踏んでパンク リタイヤ ほんとバカヤローです!!


 


 
最近のチョット変わった仕事!!
LOOK ロードにメカニカルコンポから電動シフトのDi-2への組み換え
LOOK純正のグロメットやバッテリーアダプターが欠品!!
変換用のパーツを制作(元の仕様に戻せるようにフレームを削ったり穴を開けたりせずに取付。
 バッテリーをエアロタイプのシートピラー(Di-2非対応のシートピラーを加工)
にねじ止め 簡単にバッテリーの交換が可能な細工をしました。
 リヤディレーラーに接続するエレクトリックケーブルにスパイラルチューブとシリコンチューブでガード 不用意に
ひっかけて起こるケーブルの断線トラブルが起こらないように強化!!(安心してディスプレイスタンドが使えます)
 ワイヤケーブル用の穴はシマノのグロメットが使えず、プラスチックを削りだしてグロメットを制作しました。
残念ながら写真は撮り忘れました。


長男のマシン クオータ クーガ Di-2(UL)仕様
2015年ツールド沖縄でリヤディレーラーのコードを足でひっかけて外してしうトラブルでリタイヤ
その反省を元に組立方法の改良!!
下記の写真(写りが悪いですが)。
 
 長男のクオータもDi-2 エレクトリックコードもディスプレイステンドやシューズでひっかけて痛めたり
しないようにゴムチューブでガード 見た目太いですが中身は通常のエレクトリックケーブルです。。


最近ネットで検索すると地図の表示がおかしい当店紹介のサイトがあります 初めて来店の際は、かなりわかりにくいかと思いますが、
マリンタウンゴルフ場となりになりますのでよく確認することをお願いします。









  ホイール組について
 当店では、星・サピム・DT・ホイールスミス・のスポーク取扱いがあります。
 リムやハブ、を持ち込みでリム組をお願いされる方も多いのですが、 スポークは長さの問題があり
ジャストの長さでない限り、リムの内径や組み方からスポークの長さを計算してカットしてねじを切ります。
 持ち込みのスポークは、ねじ切りの調整がうまくいかない時もありケッコウ手間がかかります。
その分の工賃が上乗せされます、もちろん当店のスポークでも ねじ切り不良が出ることもありますが、
 その時のスポークのねじ切り不良は小径ホイール用に使ったりしてムダが出ないようにしています、
このような理由でスポークの持ち込みは高く付くことが多々あります。
そのことを理解したうえで作業の依頼をお願いします。

 こだわりのお客様には上記の4社のスポークはグレードの指定も可能です。
  
 手間のかかるホイール組 対応させていただきます。!!
 これでスポークのねじ切りをします。


 




  大変だけど楽しい作業
 写真がはっきりしないのですが!!
 デローザクロモリロード シートピラーの切削です。 なんと27.2径のはずなのに シートピラーが入らない
グリグリ削ります。写真はありませんがフロントフォークのネジ山も修正。
昔ながらのイタリア車だな~と、思いました。(昔はこれが当たり前でしたが)


 
シートピラーの削りカス一部(この3倍は出ました)
BBのねじ修正とフェイスカット、もちろんBBはイタリアンです。
イタリアンブランドでも、BBがイタリアンではなく JISならそのフレームの生産国はC国かT国かもしれません。



今度のうちのカミさんの自転車 勢いだけで組んじゃいました。
本人は自転車だけがすごくて 恥ずかしいと言っていましたが、デモカーですから
最新シマノ11速 Di-2 ホイール ボーマTH-W45CSP
フレームはクオータのKOM エア フレーム重量780g 
トータル重量6.57キロはすごいです

 ガラスの鎧コーティングしました。フレームだけでなくボトルゲージ・ホイールもやっちゃいました
フレームはマットブラックですので艶は出ませんがしっとりした黒になりきれいです
(ホイールはつやつやです)水はじき抜群です。

 

つい物欲に負けて買ってしまった(自分用) 
  エリートの高額3本ローラー E-MOTIN(イーモーション
立ちこぎができると評判!!ローラー部分が前後にフローティングされていて急加速 減速のショックを吸収して
姿勢が乱れない さすがまだ立ちこぎの真似事しか今はできませんが、視線変えてもスピードを急に変えても
安心です、負荷ユニットも内蔵されていてすごっい満足です。 販売は取り寄せになります。

 自転車持参の方 試乗可!!(落車のさいの責任が取れませんので通常の3本ローラーが乗れる人のみとさせていただきま)
  メーカー希望価格:119,913円
         (税抜定価:111.030円
  取り寄せ販売価格:96,000円


  




 



                             息子の写真           

 中三の次男
今年2015・ツールド沖縄の50キロにエントリー 練習嫌いなので完走できるかギリギリかも
体だけはでかい・・・身長が164センチを超えた、見た目はすごく早そう。
でも練習しない。ヘタレ

                           
 ホイールを1ペア組んでみました。
ちょと専門的な、話になりますが、スペックは、次の通りです。
リム:アラヤ エアロ1デッドストック品  フロント28H リヤ32H(スポーク穴の数)
スポーク:サピム15番ブラック ハブ:フロント・リヤ共にアメリカンクラシックハブ

 昨今は、完組みホイールの時代に入り ロードホイールに関しては。
お店でリム組みすることは、少なくなりましたが、 普及型の完組み
ホールの中には、レースに使用するには、疑問に感じる物も少なく
ありません。 手組みのホイールも悪くないぞチョトした時代への反抗
です。 
 フロントの重量が599g
 リヤの重量が、797g アラヤのエアロ1はチューブラ リムですので
このホイールにテュフォ の165gのチューブラタイヤの組み合わせ
で、抜群の軽さが、手に入るですが残念ながらアラヤのエアロ1は、
生産中止になって軽く耐久性が有りお手頃なリムが手に入りにくく
なってきました。 良いものでも売れなくなると消えていきます。
 今度のレースで自分で使っちゃうつもりです。
実力が、ないから機材に頼らないとね。
 フロントタイヤ込み重量765グラム
 リヤタイヤ込み重量962グラム



 コーナーを作りました。
自分の目で確かめて購入できます。
TACXの最新モデル、サトリをはじめ箕浦の最新モデルVFS-G
ナドナド・・・。
写真が、ごちゃごちゃして申し訳御座いません。
 箕浦のサイクルトレーナー  VFS-G入荷しました。
 ジャイアントのマグトレーナー 入荷しました。
 箕浦の防振マット入荷しました。 アパートやマンションにお住まいの方お勧めです。


 エミネンザSL 
 ウチのかみさん用に1台組み立てました。
シマノのコンパクトドライブや450グラムもある女性用穴あきサドルなど、
特別軽くないパーツも使用しているのに ジャスト7キロになりました
すごいです。
カミサンのエミネンザSL少し進化
ホイールがフルクラムのレーシング0にグレードUP
シマノプロのカーボンステム・TNIの380ミリ巾のカーボンハンドル
コンポはシマノデュラエースの7900になって進化してます。
 写真
 クランクをFC-R700から FSAのカーボンクランク SL-Kプロ Megxo Compct  165ミリ
にバージョンUP ペダルもPD-7810 チタンシャフト仕様に変更 軽量化も進みましたが
カーボンフレームにカーボンクランクってかっこいいですよ。
 ハンドルもカーボンにしたいのですが、手の小さい人向けアナトミックやシャロータイプ
の380ミリ幅ハンドルどこかにないですかね~。
進化写真その1
シマノ 最新モデルデュラエース7900
手の小さい方でも取り扱いしやすいリーチ調整ボルトが付いて
便利です。
進化写真その3
電動シフトのデュラに交換!!
ハンドルもグリップ部分が細く手の小さい女性にも握りやすい
ハンドルもディズナのジェイカーボン ネクストに変更 ブレーキ操作も
しやすくなりました。
フロントの変速は、特にすばらしく、ストレスを感じないすばらしい
変速性能です。
進化写真
フロントのギヤクランクはFSAのカーボンクランクのままです
問題はありませんが
変速性能はやはりオールシマノで組み合わせたほうがベストです。
進化写真その4 嫁の自転車(2号車) 1号車はクオータです!!
アルテグラDi-2(6870)11速を取り付けました。
Di-2対応フレームではありませんが、極力バッテリーが目立たない位置にしました
フレームのダウンチューブの下(下の写真参考) エレクトリックケーブルも目立たないように
取り付 美しく仕上がったと思います。
 バッテリー取り付け位置はボトムブラケット付近です、フレーム内部にバッテリーを入れる
ビルドインタイプも考えましたが、やはり簡単にバッテリー取り替えができるこのタイプ
がベストかと。